着物レンタル利用の流れと相場について紹介

着物は高価なモノですし、着る機会もそう多くはありません。

だから成人式、結婚式に出席する際に着物レンタルをするのが一般的です。

着物がレンタルできる場所を大別すると実店舗とネットショップとがあり、実店舗は京都などに多いのですが着物を販売している場所、着付けなどを行っているお店でレンタルを行っているケースが多いと言えます。

実店舗の魅力はその場で着物を選べて着付けやヘアセット、メイクまでしてもらうことが出来る点です。

勿論事前予約が必要なのでその点を注意して下さい。

またお店によっては無料で撮影してもらえるところもあるので、金額だけではなくサービス内容を確認した上で予約をするようにしましょう。

気軽に利用できるのがネットショップでレンタルの流れとしてはまずショップを選び、次にレンタルをする着物を選んでいきます。

最近は着物と帯、草履と下駄にプラスして足袋、肌着、帯紐と着物を着る際に必要なアイテムが全てセットになったプランもあるので、着物を着たことがない人でも問題なく利用することが出来ます。

ネットの場合は必要な日を指定してレンタルをすると、その前日に自宅に着物が届きます。

それを着用してまた郵送で返品すればOKなのでとっても簡単です。

着物レンタルの相場

着物のレンタルの相場というのは、まず実店舗でのレンタルかネットでのレンタルかによって違ってきますし、さらには振袖、訪問着、留袖、色留袖など着物の種類によっても違ってきます。

また色留袖1つとってもその中でランクがありますし、ショップによってもかなり値段が違うのでしっかりと比較検討することが大切です。

ちなみに結婚式、パーティ会場と提携しているショップで訪問着をレンタルすると2万円からというのが相場です。

ネットの場合は安価なところだとセットで1万円からレンタルが可能ですし、大体2万円から3万円程が相場と言えます。

ですがブランドモノや高額な着物の場合は、レンタルでも10万円くらいかかる場合もあります。

また注意して欲しいのは洋服レンタルでドレスをレンタルした場合は自分で着ることが出来ますが、着物の場合は着付けが出来る人以外は着付け代がかかります。

着付け代の相場は5,000円から10,000円程で、着物の場合はヘアアレンジも自分でするのは難しいのでヘアセットやメイクも利用するとさらに追加で料金がかかるので、その点を理解した上で予算を決定するようにして下さい。

着物以外にも普段あまり着る機会のないパーティードレスや礼服などもレンタルすることができます。

その情報はおすすめのファッションレンタルサービスを紹介しているサイト等を利用して、自分に合うファッションレンタルを見つけてみてください。

関連記事